スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ああ…これがいやだ

2006/12/23 09:59

ほんとにどこまで続くの、ゾンビちゃん日記。
多少、数値が上がったので、輸血はとりあえず保留。
エコーで見る限り、肝硬変>貧血、あと腎不全。

けだものを最初に家に迎える時、私は心でつぶやきます。
「言っとくけど、かわいがらないから。」

色々な関わり方があると思いますが、私にとってペットとは
子供でも家族でもありません。けだものはけだものなのです。
人とは全く違うもの。けだものはかわいい仕草や良い毛触りが仕事。
ご飯食って、寝くたれて、飼い主の都合がいい時にはなでられて
気を紛らわせるのが仕事。私はその対価として、一生、困らない
ご飯と、暖かい寝床を提供し、安心して寝くたれていられるよう
配慮する。人と違う種の生き物の一生をまるごと引き受けて、
うちに連れて行くというのは、そういう契約関係だと思っています。
お前と俺は対等ですよ。

ゾンビくんは、うちの最古参の灰色のあほうと違って、一目で
人の区別がつきます。ものすごく可愛がってもらってるのに、
お医者様の手からは食べない。だけど私からは少しごはんを食う。
入院先のケージでは、愛想はいいので誰にでもゴロゴロいうけど、
瞳孔はびっくりのまま。でも私がしばらく撫でていると、瞳が
きゅっと細くなりいつもの顔になる。そうしてリラックスすると
「今日は帰れるんだよね?」と、期待の顔になる。

でも白血球の値や、貧血が治らない限り、点滴をやめるわけには
いかないのです。風邪だってまだ治り切ってない。お前がもう確実に
死ぬなら連れて帰るよ。でも、まだ希望がある以上、それはしない。

さすがに30分もなでくされば、そろそろおいとませねばばならず
「じゃあ帰るよ」と告げます。「ああ、俺を連れて帰らないのか」と
気配で悟った時、彼は無表情になる。はっきりと失望し怒っている。

ゾンビくんは帰りたいのです。うちの日向で犬といっしょに転がって
寝くたれて、いつものように腹が減ったら、人間をはたき倒して、
美味しいごはんをもらいたい。少しでも数値が良くなれば、私や
香奈子さんの前で、無理くりでもごはんを食べてみせる。
「まだまだ働けますよ」とアピールする。

彼は、盗み食いはするは、私の羽根布団に粗相はするは、問題も
あれど、その寝くたれぷりや甘えぶりで、なかなか素晴らしい
仕事をする従業員でした。そして病院でのゾンビくん見る限り、
私は彼にとってこの10年、なかなかの雇用主であれたのでしょう。

言っときますがゾンビくん。君が死んだら私は新しい従業員を
迎えます。もともと寿命が違う生き物ですから、私はそうやって
けだものと関わっていく事に決めています。でも君の命がある限り、
私は何匹の新しい君を迎えられるお金でも手間でも、君にかけます。

でもって。きみが一番望むところで死なせたい。病院は、
どんなに親身に可愛がってもらっても、違うのでしょう。
どこで見極めるかは私の仕事。それは私が君を迎える時に誓った
契約の一つです。いつ急変するかわからないので、それが果たせるか
わからないけど、とりあえず今ではない。

君と会って君を置いて行くとき、私はあとで少し泣きます。
でもそんな事は問題ではない。もっとも長く、もっとも幸せに
君が生きられるよう、最大限の努力をするのが、君をあの日
うちにつれて帰った私の義務です。その為に一番いい選択を、
神様は教えてくれない。なけなしの頭で考えるしかない。
それが正しい事を祈りながら。

君の望みを最良の形でかなえる為にはどうしたらいいのかな。
君の為に、私の為に、それから君を可愛がってくれる色々な
人の為に、いつか迎える結末の事を考えます。



スポンサーサイト

つれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。