スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ああっ

2007/05/31 12:37

ら、らいばるがメールを…

タコ箱楽しそうだから申し込んじゃいましたw
ライバルでごめーん的メールが!!うぬう。
己で己の首を22460分の1センチくらい締めたか(笑。


…唐突な話をしますが、私はその昔、なかなか国語のお勉強の
出来る娘さんでした。自分でできるとか言うなという感じですが
これが女性にたまに散見できるタイプで、他が大した事ないのに、
国語関係だけは全く勉強せずに点数がとれる娘でございました。
全国区レベルで、おお?イケてるじゃんな順位をとってた感じと
思ってください。はい。国語だけ、ですが。ええ。だけ、です。

何?この前振りという感じですが、つまり私は十代当時の国語力に
こんな根拠で自信があるのです。その後は知らん。大人になったら
何の役にたってんだかさっぱりわかりませんが、当時の国語脳には
自信があるのです。しかし、私、何故か、最近唐突に
太宰治の斜陽を読みまして。

何で太宰?かというと、ほんとにどーでもいーような事で
気になる事があったからですが、高校時代にも一度読んだ作品です。

……ん?
私は驚きました。
は…?

…あれ?

…記憶とまったく別の作品を読んでる
…………としか思えないんですけど…。

多分、読解的には間違っていなかったんだと思うのです。
でも驚く程違うのです。本当に驚いたわけですが、空気の色が、
頭に思い描く人物像が、言葉の意味が指し示す幅が、違うのよ。
そんでもってまあ、脳でいちいち咀嚼しなくてもよくわかる事か。

私は全然、太宰治には傾倒しなかったくちですが、
まあ名作らしいし教養程度に読まなきゃ程度で読んで、
しょせん教養程度にしか身になっていなかったというオチか。

学問とは虚栄の別名である。
人間が人間でなくなろうとする努力である
(斜陽の中に出て来る有名な一節)

あーあーあーあーあーあーあーあーあー。
ほほほ。それ以前よ。国語力ってなあに?
読み解く事は読み解いたが、当時の私はこの姉弟うざ…で
終了だったんだもんね!!!!!ごめんね、ごめんね。
精神に波長を会わせる振り幅がなかった。まず最初に
「わかりたくもねえな」という潔癖な拒絶しかなかった。
この人達はあほうだが、理解できる若さとあほうだった。
なんとまあ、それが美しく書かれている事か。
こんなもんも読めなかったのか,当時の俺は。

ごめんなさあああああいいいいいいいいいいいいい

ああ。名作と呼ばれる小説は、一度は娘さんの頃に読み
あとでもっかい読み返せ。そこに自分の歴史があるのだ。

ちょっとショックだったわたくしでしたとさ。
こんな年齢で今更、太宰の見直しだよ。おい…。

…さて人間失格も読むか…。

スポンサーサイト

つれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。