スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

そろそろ

2007/02/27 04:52

早売り日程かな…。

鉄は32Pです。おむすびころりん(違う。

で、魔法士も24P載るはず…だったんです…が…
落ちて…ます。なんかあまり経験のない落ち方を
した気が…する…。すみません、すみません。
担当さんも色々考えて下さったんだけど…。
せっせと仕事してくれてるアシさんに一日
言い出せませんでした…。

かなり力入れてネーム切ったんですが…

すみません…。

来月は32P掲載。既に確定です。
せめて進行が月単位で、前倒しになったと思おうと
自分を叱咤激励して、今から再来月分頑張ります…が、
本当にすみませんでした…。

魔法士、一応…というか…次回から急展開…してます。
少々、気色悪い展開かもですが、
最後まで読んで頂けると嬉しいです…。

スポンサーサイト

つれづれ

カクテル話

2007/02/17 11:19

謎のカクテルについて、メールありがとうございます!

現在ミントジュレップ説が5。モヒート説が2。
(み、みんな酒飲みだなあ…)
うおお、どのメールも美味しそうなんですけど!!

ミントジュレップ。おお、憧れのカクテル。
どこだっけ。イギリスかアメリカかどこか海外の(…うろ覚え)
競馬の公式ドリンクですよね。
ダービーの時とかに紳士淑女が飲むんすよね。
なんか、そのイメージだけでうっとりする私は俗物(苦笑。

モヒート。おお、ヘミングウェイだー!と、連想の貧困な私。
(ドライマティーニはチャーチル、ギムレットはチャンドラー
ああ、本当にイメージ貧困な私…)暑い国で飲みたいカクテル。

ああ、美味そうじゃ…(目が獣)
ただ、どちらも砂糖を入れるレシピが主、ミントジュレップは
コニャックベースなので、無色透明にならない気がするのです。
私が飲んだ物は、全く甘くなく、完全に透明で苦味があった。
そしてメニューを選んだ時、お店の人に「とても強い酒」と
注釈をもらったほど。本当にすごく強かった。
何か変形レシピだったのかな…。ううむ。

メール下さったお一人が教えて下さった、その方の好きな
カクテル。ロングアイランドアイスティーというのは
飲んだ事がありませんでした。スピリッツを4つくらい
混ぜたら紅茶の味がするんじゃね?的な、乱暴カクテルだ
そうで、すごい受けました。す、好き、そういうの…。
バナナとマヨネーズを混ぜたらメロン味
キュウリに蜂蜜かけてもメロン味的なロマン(違う)
「自分の野郎アピールに飲んでます」という一文にも
とても受けてしまった…。では不肖私、女ではございますが
今度、試してみます。お酒は楽しいやね。

そういえば友よ。
こないだ「富士山」はアサヒかサッポロかで論争したが
私のアサヒで正解でしたことよ。あれはアサヒの味だって。
そして今日も酒の話で日記が埋まる。
ゼロサムの担当さんはお酒を飲まないので、私の酒話に
いつもあきれられるのですが…。

角川さんの単行本の、帯とデザインがメールで到着。
なんかかっこいい…。担当さんが力入れてくれてます。
帯も4色だそうなので、是非帯ごと保管下さいませ。

つれづれ

マティーニ

2007/02/15 08:15

…が飲みたい。美味しいの。
ガツンとくるの。

大学生くらいの頃、カクテルというものは高嶺の花で
ございました。だって高いんだよ。数口で飲み下すような
ものに1200円とか1600円とか出せませぬ。だから
ちゃんとしたものを飲んだ記憶が、細かく残ってる。
あの頃はやたらカルアミルクが流行してたような。

旅行先のホテルのバーラウンジで飲んだ、そこオリジナルの
牛乳を使ったカクテルが、まったく口に合わずに必死で飲んだ事。
当時はソルティドッグが好きだったのだけれど、そこそこの
ラウンジで奢ってもらったそれの塩が 食 卓 塩 だった事。

そんなろくでもない記憶もあれば、すごく美味しく心に残るものも
たくさん。そういえばふらっと立ち寄ったスタンドバーで、
バーテンさんとバカ話で盛り上がったら、「あなたのイメージで」
(うは…)と、オレンジで何か作ってれました。ぶっちゃけ
20歳そこそこの女子大生が誰でも喜びそうな奇麗な色、癖のない
飲みやすい奴。なるほど、これがサービスと感心したもんです。

一度だけ飲んだ、無色透明で苦くてミントの葉が浮いてるあれは
なんだったのだろう。苦い系のリキュール+ウォッカかと
思うのですが、未だにわからない。透明でした。ふむ?

マルガリータが好きだった事もある。で、ギムレットに移行。
そして、マティーニ。急にふと、美味しいマティーニが飲みたくて
飲みたくてしょうがなくなるのだけれど、家で作ってもダメです。
これが本当にダメなのです。

ただジンにベルモット、それだけ。レモンピールとオリーブも?
なのに自分で混ぜてもちっとも美味くない。1000円以上でいい。
それで当然な気が。ただその一杯が飲みたい。この年でやっと
美味しいカクテルとは、そういうものだと思うようになりました。

先日、その乾き絶好調の時に、素敵なバーに入る機会が持てました。
「マティーニ。がつんと飲みたい」と、意気込む私にこなれた仕草で
バーテンさんが、それは丁寧に美しく作ってくれました。早い時間で
「こんな時間からマティーニは久しぶり」と3回くらい言われたが。

美味しかった…(涙。
ああ、あれは美味しかった。「あー、こいつ酒飲み」という目で、
容赦なく作ってくれました。

本当に時々でいい。プロの人が丹念に作るマティーニが飲みたい。
あのシンプルな美、喉を過ぎて肺腑を焼くような心地よい熱さ、

というわけでマティーニです。朝っぱらから、マティーニの話を
えんえん書いてるわけです。でも今日は飲めない。明日も飲めない。
しばらく飲めない。それでいいのです。

乾いて乾いて、一杯のマティーニを飲みに行くのだ。うむ。

つれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。