スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ぎゃあああ

2006/12/31 22:21

お母さん、ごめん!!
今から帰るうううううううっ!!!!

スポンサーサイト

つれづれ

今年はお世話になりました

2006/12/31 21:35

あいかわらずバタバタしていますが、とりいそぎ…

ゾンビちゃん、数日前にいったん戻り、入院の気疲れから
解放されて久しぶりに熟睡を続けていたり、うまく腹水が
排出されたりといい感じだったのですが、その生活のせいで
良いか悪いか微妙な感じで、体重が激減したので
一昨日に病院にトンボ返り、再び本日、帰還しました。
ひたすら寝ちょります。でも食います。お医者さんは今日も
診てくれましたが、明日も診てくれます。明後日もその次も。
………先生…休みは?

私はというと、現在(午後9時)から、一晩だけ実家に帰還。
母が怒って「何時に帰ってくる!?」と電話してきました。
すまねえ。母ちゃん。もうすぐ出る。(多分…)でも今日までに
やっときたかった事、まだ終わってないんだ。角川さんの原稿も
もう戻って来てるんだ。新年開けたら打ち合わせなんだ…。
香奈子さんもまだ働いてるんだ…。
つか、掃除が全然終わってません。ていうか全くやってません。
何が嫌って、洗濯まで来年に持ち越しです。
でも、なんかもう毎年こんなんです。…なんだけど、某誌の
編集さんに「新年あたりの連絡はどうしたら?」と聞いたら、
「大体は編集部にいますから」と回答がありました。

……某さん…休みは?と聞きたいが、この人にこの手の質問をして
それ以外の回答が返って来た事って、考えてみれば365日
ありませんでした。さらに身近な所で、香奈子さんに「明日は
どうする?」と聞いたら「普通に来る」と言われました。
「…あんた365日中363日はうちに来てないか?」と呟いたら
「364日だ」と返されました。近所の人は私と彼女の区別、
ついてないと思います。そりゃあそうだ。私よりよほど多く
この家にいるよ、この人。

アシさんと忘年会もやってません。今年は新年会やったんですが
(フグ食った)来年の新年会は2月です。2月のどこが新年だ。

しかし、そんな感じでどこに区切りがあるのかさっぱりでも
あと数時間で2007年です。大晦日は好き。元旦よりも好き。
一年の計は元旦じゃなくて、大晦日にある気がします。

今年はお世話になりました。
来年もできれば…よろしくお願いいたします。

つれづれ

とりいそぎ

2006/12/26 23:44

GEOみに
メインはマレーシア旅行記。
…けっこうとんでもないネタありな
気がするけれど……(冷や汗。

冬コミ出ます。

つれづれ

ちょっとまだわからないけど

2006/12/26 10:36

冬コミGEOみに2…出そうです…。多分。

つれづれ

ああ…これがいやだ

2006/12/23 09:59

ほんとにどこまで続くの、ゾンビちゃん日記。
多少、数値が上がったので、輸血はとりあえず保留。
エコーで見る限り、肝硬変>貧血、あと腎不全。

けだものを最初に家に迎える時、私は心でつぶやきます。
「言っとくけど、かわいがらないから。」

色々な関わり方があると思いますが、私にとってペットとは
子供でも家族でもありません。けだものはけだものなのです。
人とは全く違うもの。けだものはかわいい仕草や良い毛触りが仕事。
ご飯食って、寝くたれて、飼い主の都合がいい時にはなでられて
気を紛らわせるのが仕事。私はその対価として、一生、困らない
ご飯と、暖かい寝床を提供し、安心して寝くたれていられるよう
配慮する。人と違う種の生き物の一生をまるごと引き受けて、
うちに連れて行くというのは、そういう契約関係だと思っています。
お前と俺は対等ですよ。

ゾンビくんは、うちの最古参の灰色のあほうと違って、一目で
人の区別がつきます。ものすごく可愛がってもらってるのに、
お医者様の手からは食べない。だけど私からは少しごはんを食う。
入院先のケージでは、愛想はいいので誰にでもゴロゴロいうけど、
瞳孔はびっくりのまま。でも私がしばらく撫でていると、瞳が
きゅっと細くなりいつもの顔になる。そうしてリラックスすると
「今日は帰れるんだよね?」と、期待の顔になる。

でも白血球の値や、貧血が治らない限り、点滴をやめるわけには
いかないのです。風邪だってまだ治り切ってない。お前がもう確実に
死ぬなら連れて帰るよ。でも、まだ希望がある以上、それはしない。

さすがに30分もなでくされば、そろそろおいとませねばばならず
「じゃあ帰るよ」と告げます。「ああ、俺を連れて帰らないのか」と
気配で悟った時、彼は無表情になる。はっきりと失望し怒っている。

ゾンビくんは帰りたいのです。うちの日向で犬といっしょに転がって
寝くたれて、いつものように腹が減ったら、人間をはたき倒して、
美味しいごはんをもらいたい。少しでも数値が良くなれば、私や
香奈子さんの前で、無理くりでもごはんを食べてみせる。
「まだまだ働けますよ」とアピールする。

彼は、盗み食いはするは、私の羽根布団に粗相はするは、問題も
あれど、その寝くたれぷりや甘えぶりで、なかなか素晴らしい
仕事をする従業員でした。そして病院でのゾンビくん見る限り、
私は彼にとってこの10年、なかなかの雇用主であれたのでしょう。

言っときますがゾンビくん。君が死んだら私は新しい従業員を
迎えます。もともと寿命が違う生き物ですから、私はそうやって
けだものと関わっていく事に決めています。でも君の命がある限り、
私は何匹の新しい君を迎えられるお金でも手間でも、君にかけます。

でもって。きみが一番望むところで死なせたい。病院は、
どんなに親身に可愛がってもらっても、違うのでしょう。
どこで見極めるかは私の仕事。それは私が君を迎える時に誓った
契約の一つです。いつ急変するかわからないので、それが果たせるか
わからないけど、とりあえず今ではない。

君と会って君を置いて行くとき、私はあとで少し泣きます。
でもそんな事は問題ではない。もっとも長く、もっとも幸せに
君が生きられるよう、最大限の努力をするのが、君をあの日
うちにつれて帰った私の義務です。その為に一番いい選択を、
神様は教えてくれない。なけなしの頭で考えるしかない。
それが正しい事を祈りながら。

君の望みを最良の形でかなえる為にはどうしたらいいのかな。
君の為に、私の為に、それから君を可愛がってくれる色々な
人の為に、いつか迎える結末の事を考えます。



つれづれ

ううむ

2006/12/21 22:22

いつまで続くか、ゾンビちゃん日記。

肝臓の値が落ち着いて来たのは、フェイクっぽいです。
いや、むし肝硬変の疑いが急上昇。貧血は治らず。
水は飲めるけど、あの食い意地魔神が強制給餌状態。
退院のめど、まったく立たず。

さて。貧血対策の為に輸血を提案されました。
リスクないわけじゃないですが、ほっといてもしょうがなく
明日はその方向で先生にお願いするつもりなのですが、
ねこの輸血ってぶっちゃけはじめて。
しかしよく動物病院で犬やねこを飼ってますが、あれって…
供血要員の意味もあったのね………。献血制度もないので、
ストックが常にあるわけでなく、輸血用血液の確保というのは、
なかなか大変な模様。病院にいるかわいこちゃんの血液が
適合するようで、その子からゾンビに血を貰う事になりそうです。

供血するねこは、大人しい子が向いてるとの事ですが、て、ことは
まあうちの黒い暴れ者は論外として、こっちの灰色はどうかしら。
ゾンビに何度も輸血が必要なとき、でなくばもしいつか、どこかの
ねこに輸血が必要な時には、このとりあえず健康で太ったねこから
採ってあげるのは…灰色にはとんだ災難ですが、いつか同じように
どこかのねこに助けてもらえる日もあるのかもしれないのだから…

…なんて思った瞬間に気がついた。このでぶねこ、もう11歳。
血を提供するねこは健康で若いのが普通らしい。…そりゃそうね…。

なんて事を書いていると、人間が闇雲に献血に行きたくなるのですが、
わたくし、1996年までに1泊以上という渡英歴がひっかかって
いつのまにやら安全が確認されるまで献血できな…い体になってました。

………。

…………。

とりあえず。まあとりあえず。
がんばれゾンビねこ。

つれづれ

ぱーそーこーんがーーーーーー

2006/12/19 16:54

変だあああああああっ!!!!!!!

メールは謎の送信ミスをするわ、ていうか全てが変だ。
しかも複数。まともに動いてるのが2台あるのが
救いだけど(そして、ネットワークの中心になってる
マシンは大丈夫なのが何よりの救い。)
最近、仕事も半分以上はデータ原稿なので
佳境の時は5台、フル稼働するんだよう。

ちょっと本気で怖いよう…。

ゾンビは、いったん退院後、また今度はちょっと長く再入院中。
腎臓と肝臓の値はよくなったんだけど、
今度は再生不良性貧血じゃないかって。まあ次から次から…。

そしてこないだ一度退院した時に、他の二匹のねこに
風邪をうつしていきおった。これは大した事ないんだけど
あちこちで小さなくしゃみが。犬は元気です。人も。

…わかったよ。ねこの風邪は犬や人にはうつらないけど
きっとパソコンにはうつるんだ。

つれづれ

言いたくない事を述べねば…

2006/12/17 12:08

鉄の3巻、12月に出ません。
なぜなら。私がわがままこいて、本来なら入らないはずの回まで
3巻におさめようとして、その分を縮める為に
前半部分をいじりたおしたのが、年末進行に間に合わなかったから。
来月になります…。あああああああああ。

全然、関係ない新書館さんの担当さんとちょっと前に電話してて
いや、その時にはまだまだ間に合う頃だったんですが
「今、鬱入ってぐにゃぐにゃしてますね…」と、見抜かれました。
「単行本作業の恒例じゃないですか」と言われて、もう笑うしかない…。

あと、お問い合わせ頂くのですが、そういう事なので、
冬のお祭りに同人誌が出るかどうか、はなはだ怪しいです。
ともかく年内の仕事が全部終わらないと、全く取りかかれないので
その段階でも印刷屋さんが、10年来培ったおつきあいのお情けで
やってくれるとなったら(しかも表紙から…)出るかもしれませんが、
今回はもう…どうなんだ?って日程までとりかかれなさそう…。

いくら趣味ものでも漫画は漫画なので、今の目の前が片付かないと
頭が切り替わらず、ちょっと今言える事が何もない感じです…。
これ関連の情報は、直前あたりの日記を見てください…。

つれづれ

私を月まで連れて行って

2006/12/05 08:08

衛星やら何やらを打ち上げてる宇宙航空研究開発機構
JAXEに勤めてる友人から「何か月に届けないかい?」と
回って来たお誘い。

http://www.jaxa.jp/pr/event/selene/index_j.html

月に届けたいメッセージと考えたら「地球の平和」としか
思いつかなかった私は想像力が貧困でしょうか。
でも基本だよな。

原獣のRJは、研究成果や頭脳以外に、性格がミーハーで
一般受けしやすい企画をバンバン立てるタイプな所が
パナケイアで重宝されていたという設定なのですが、
多分、こういう事をやりたがる人だよなあ、と勝手に
連想してみたり。

鉄の3巻は今月発売。表紙は夜長彦。
本編…けっこう雑誌と違う…よっと。

角川さんでやってた短期もの、来年3月に単行本とのこと。
前のシリーズと違って、今度の本は新書館や一迅社と同じ
B6判になるそうです。

ゾンビにゃんこが、ちと久しぶりに入退院を繰り返し…。
でも点滴とかで前手の血管がつぶれて戻っていないので、
入院をしてもなかなか効果が…。いよいよ具合悪し。
それでも飯は食うこのねこの、前しか見てない生命力に
本気で惚れてもう長い。

1月の松の内生まれなのです。ねこ雑誌を見て憧れだった
ソマリのブリーダーさんに電話をかけ、そのお宅には
その時に仔猫がいなかったので、キャットショーのお仲間を
紹介してくれて、見に行った日に決めて、連れて帰った時には、
まだ寒かった。車の中でニャーニャー泣くのをなだめようと
話しかけ続けるのに飽き、何故か当時やってたエヴァンゲリオンの
「残酷な天使のテーゼ」を、えんえん鼻歌で歌っていた
ろくでもない記憶。同じ血筋の猫達の名前で、ブリーダーさんが
一条ゆかり先生の「有閑倶楽部」オタである事に気づいた、
これまた片頬がにやりと上がる記憶。うちについた早々に
ポテトチップスの袋をかじりあけて盗み食いし、
「てめえはお坊ちゃまじゃないのか!?」と、鬼突っ込みを
入れた、やはりろくでもない記憶。何倍ものサイズの犬どもに
余裕の流血ねこパンチをくらわすのを目撃した記憶。
もうダメだ、絶対死ぬと、早くもお通夜モードの
私らとお医者さんを尻目に、ガツガツと食いはじめ
全員を唖然とさせた記憶。犬に舐め回されつつ日向ぼっこして、
その体で擦り寄らないで下さい最新の記憶。
ああ、このねこはギャグだ。お笑いの記憶しかねえ。

暦を刻むように、誕生日に届き、うちに来た日に届き
刻一刻と生き続け、来年の今にならないだろうか。
私もこのねこも、いつかは必ず死ぬけれど、そうやって
生きていく事はそれだけで素敵なのだよと、たかが
ねこ一匹が、胸を張って証明している気がします。

つれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。